建設業に特化した
電子商取引クラウドサービス

下請け基本契約書や注文書、請求書をデジタル化
協力会社との取引や書類業務の時間を75%削減できます

ゼネコンの発注業務に特化したシンプルな機能

建設業に特化した
電子商取引クラウドサービス

下請け基本契約書や注文書、請求書をデジタル化
協力会社との取引や書類業務の時間を75%削減できます

ゼネコンの発注業務に特化したシンプルな機能

建設業に特化した
電子商取引クラウドサービス

下請け基本契約書や注文書、
請求書をデジタル化
協力会社との取引や書類業務の時間を
75%削減できます

ゼネコンの発注業務に特化した
シンプルな機能

こんなお悩みはありませんか?

工事案件数が多く、事務作業も非常に多い

紙や印紙などの経費が多いので、コストカットしたい

現場作業が多く、なかなか契約書類に目が通せない

紙やFAXでの運用を電子に変えて、業務効率化を図っていきたい

保管する書類が膨大になり、過去の書類を探すのがやっかい

こんなお悩みは
ありませんか?

工事案件数が多く、事務作業も非常に多い

紙や印紙などの経費が多いので、コストカットしたい

現場作業が多く、なかなか契約書類に目が通せない

紙やFAXでの運用を電子に変えて、業務効率化を図っていきたい

保管する書類が膨大になり、過去の書類を探すのがやっかい

建設PADが選ばれる理由

POINT
建設業における法的安全性を実現

建設PADは、建設業法におけるグレーゾーン解消制度を活用し、国土交通省より適法性を取得しております。
時刻認証業務認定事業者のタイムスタンプと電子署名を付与することで、建設業法及び電子帳簿保存法に準拠した形で契約書、注文書を締結することが可能です。

POINT
請負契約書や注文書・請書をクラウドで簡単作成

スマートフォン・タブレット・パソコンなどインターネットが繋がる環境であれば、簡単に契約書・注文書・請求書を作成し、送信することが可能です。パソコンが得意ではない方でも簡単に利用することができ、経営者、現場監督、購買部門や経理部門の方々が時間と場所を選ばずに、書類を作成、確認することができます。

POINT
サービス内で取引先と契約行為が完結

建設PADのサービス内で取引先との合意形成がなされ、契約や発注が完結します。そのため、書類を取引先に郵送、返送の手間がなくなり、締結された書類を建設PAD内で簡単に検索することができるようになります。
また、電子契約となるので印紙が不要となり、コスト削減に繋がります。

POINT
様々な建設書類を用意

建設PADでは、建設工事標準下請契約約款を載せた基本契約書と安全衛生誓約書、機密保持契約書、念書が標準で利用できます。また、注文書にも注文条項が標準で掲載されています。
支払い条件や特記事項、追加条項もテンプレート化することもでき、入力手間を減らすことができます。

クラウドにて一元管理で
業務の無駄を省いて経営改善!

クラウドにて一元管理で
業務の無駄を省いて経営改善!

動画で見る建設PAD

動画で見る建設PAD

導入企業様

よくある質問

利用ユーザー数によって金額は変わりますか?

アカウントは社員様ごとに発行するのではなく、会社様単位となっております。そのため、利用ユーザー数によって金額が変わることはありません。

取引先が建設PADを使っていない場合も、建設PAD内で契約の締結や書類のやりとりをできるのでしょうか?

取引先も使っていないとやりとりできないため、建設PADには相手に登録招待メールを送る機能が用意されています。それによって取引先との契約締結や書類のやり取りが可能になります。

使い方が分からない時はどこに問い合わせればいいですか?
カスタマーサポートはありますか?

建設PADには問い合せフォームが用意されています。 そちらからお問い合わせ頂くと、カスタマーサポートからご質問に回答させて頂きます。

もし途中で解約した場合もアカウントや書類はずっと残りますか?

建設PADを解約する場合、契約書や注文書の発行機能が無くなるだけで、書類データは半永久的に残り、ずっとダウンロードはできる状態になっています。

セキュリティなどの安全面に問題はないでしょうか?

建設PADでは通信を暗号化(SSL)しています。またデータの取扱い(バックアップ)などの安全性でも優れているため、安心して使用できます。

なぜ印紙代が不要になるのですか?

印紙税法基本通達第44条にて、課税の対象となるのは「書面にて作成される書類」であり、電磁的記録(電子文書)にて作成する文書は対象外となります。
国税庁のwebサイトでも確認されています。
コミットメントライン契約に関して作成する文書に対する印紙税の取扱い (国税庁 ホーム/法令等/その他法令解釈に関する情報/印紙税)

建設PADで電子契約をした場合、法的に問題はありませんか?

本サービスの電子契約は電子帳簿保存法10条、建設業法施行規則第13条4項の技術的基準に準拠した形で適切に締結、保管されます。
当社は公開鍵暗号方式の電子署名を信頼できる第三者機関の電子証明書を契約書データに添付します。また、認定タイムスタンプ業者のタイムスタンプを契約締結時に付すことで、契約締結時に契約書が存在したことと、その内容が改ざんされていないことを証明することができます。

請求書管理にお悩みはありませんか?

お気軽にご相談ください!
お客様のお悩みを解決できるか、ヒアリングさせていただきます。

請求書管理にお悩みはありませんか?

お気軽にご相談ください!
お客様のお悩みを解決できるか、ヒアリングさせていただきます。

請求書管理にお悩みは
ありませんか?

お気軽にご相談ください!
お客様のお悩みを解決できるか、
ヒアリングさせていただきます。